Top >  福岡ヤフードーム賞制度 >  福岡ヤフードーム賞制度

福岡ヤフードーム賞制度

福岡ドームで行われるプロ野球公式戦では、看板等に打球を当てると賞品が進呈される。主なものは下記の通り。

外野フェンスの右翼ポール際にある福岡銀行の広告には、グラブを持った同行のマスコットキャラクターが描かれているが、このグラブの箇所にダイレクトで打球が当たると、同行から賞金100万円が進呈される(後にマスコット全体、さらにマスコットを囲む楕円部分に拡大)。2004年に柴原洋(ダイエー)が見事に達成し、賞金を受け取った。
打球が天井に当たり、骨組みなどに引っかかって落下してこなかった際、記録は二塁打となり、賞金として現金500万円が渡される。2006年現在、達成されていない。
その他、外野スタンド上方にあるパネル看板に当たった場合は、スポンサーから賞金・賞品が進呈される(アサヒビールの看板に当てると缶ビール10年分、3650本が贈呈されることになっているが、未だに当てた選手はいない)。


過去に開催したその他のイベント


ユニバーシアード夏季大会(1995年、開閉会式が行われた)
ねんりんピックふくおか2005(2005年、総合開会式が行われた)

         

福岡ヤフードーム賞制度

関連エントリー

福岡ヤフードーム賞制度