Top >  ヤフードーム座席表です >  ヤフードーム座席表です

ヤフードーム座席表です

このサイトは現役ヤフードーム(福岡ドーム)アルバイターが

ヤフードームをもっと知りたい!という方のために作っちゃいました!


とりあえず、一番知りたいと思う座席表をお伝えしますね!

まず先に、アリーナ座席表です

ヤフードーム(福岡ドーム)アリーナ座席表

ヤフードーム(福岡ドーム)のアリーナ座席表ですが

コンサートによって若干変わりますので、参考までに・・・


ただ、横19ブロック、縦6ブロックはほとんど変わったことがありません


次に、スタンド座席表です

コンサートはもちろん野球のときにも役立つ座席表ですよ

ヤフードーム(福岡ドーム)ゲート別座席案内図


かなり詳細に判ります

見たい座席をクリクすると座席表の詳細が表示されます

【例】「1塁側:6通路:35列:318番」が知りたい!と思ったらココで調べてください


ヤフードーム(福岡ドーム)


福岡ドーム(ふくおかドーム)は、福岡県福岡市中央区地行浜二丁目のホークスタウンにある開閉式屋根を持つ多目的ドーム。全国にある6つのドーム球場で一番南に位置する。パシフィック・リーグ・福岡ソフトバンクホークスの本拠地となっている。また、セントラル・リーグ・読売ジャイアンツが、毎年オープン戦で1試合(対ホークス)、公式戦で2〜3試合ほど主催試合をおこなう。

2005年より、ホークスを所有するソフトバンクの子会社にあたるヤフー・ジャパンが命名権を取得し「福岡Yahoo!JAPANドーム(ヤフードーム)」となった。


福岡市中央区地行浜二丁目、博多湾の目の前にある。1993年3月に、アジア太平洋博覧会(よかトピア)会場跡地に完成した多目的ドーム。日本で2番目のドーム球場であり、日本初の開閉式ドーム球場である。野球以外のイベント時に内野の前列スタンドを外野側に移動して使用出来る構造のため、広い外野グラウンドと約6mの高さになる外野フェンスを持ち、「ホームランの出にくい球場」「日本のグリーン・モンスター」と言われている。


屋根は3枚のパネルから成り、このうち2枚が左右に120度旋回移動することにより、約20分で開閉する(全開時の開口率は60%)。屋根部分の総重量は約12,000t。ちなみに1回の稼動コストは100万円規模に及ぶため、開閉はホークスやジャイアンツがホームゲームで勝利した場合のパフォーマンス、あるいは試合前の練習などの時に限られる。また、オープン当初は天候に合わせて晴れの時は開いた状態で試合をするはずだったが、「構造上反射角の違いが選手のプレーに支障をきたす」とクレームがついたことや、近くに病院(国立病院機構九州医療センター)があるため、開いた状態での試合は現在行われていない。


15番ゲートは、2000年10月13日に肺癌で31歳で死去した藤井将雄(1995年〜2000年、福岡ダイエーホークスに在籍)が生前背番号15をつけていたことから「藤井ゲート」と呼ばれ、藤井を記念するプレートが掲げられている。なお、これはソフトバンクになった今でも続いている。


2000年には、ホークスはリーグ優勝し、日本シリーズへ戦いを進めるも、その日程にこのドームを「日本脳外科学会」に貸し出す予定を組んでいたため(契約は3年前に締結)、シリーズ日程の一部変更を余儀なくされるなど運営の失態を露呈した(この件により、ホークスは多額の罰金を支払う羽目になった)。尚この際、学会側の好意により3日間使用予定だったのが2日間に短縮された。


2002年より、バックネットフェンス広告が回転式になり、複数社の広告が出せるようになった。それ以前にも神宮球場、ナゴヤドームにこの回転式広告はあったが、神宮はブリヂストン、ナゴヤドームはトヨタ自動車1社用の広告である為、複数社用の回転式広告は日本初。それまでローソンや三洋信販、アサヒビールの広告を縦に並べていたものが、現在では回転式によりイニング毎に出すことが出来る。2005年現在の主なフェンス広告スポンサーは、アサヒビール、チケットぴあ、三洋信販、タマホーム、ヨドバシカメラなど。


2003年、ダイエー本体の経営悪化から、ドームと付随するホテル(通称ホークスタウン)を米国の投資会社コロニーキャピタルに売却した。


2004年12月24日、ダイエーが産業再生機構の支援要請を決めたことにより、ホークスはダイエーからソフトバンクに経営権が譲渡されたが、これまでダイエー時代は観客動員数が「年間300万人」(ドームの収容人員:48,000人)と公称されていたものが、実際の収容人員は4万人に満たないことがソフトバンク側により指摘された(35,157人)。2005年シーズンからは、入場者数はより実数に近い形で公表されている。


2005年1月28日に行われたダイエーからソフトバンクへの株式譲渡と同時に、ソフトバンクの子会社であるヤフーが命名権を取得、新名称は「福岡Yahoo!JAPANドーム」となった。契約期間は5年で契約金は25億円。契約金には球場の広告看板や冠協賛大会の開催なども含まれる。


場内放送はソフトバンク(福岡ダイエー時代も)の選手を試合前と先発選手の第一打席、及び交代投手、選手の登場時にフルネーム、並びに出身地をコールする。


ヤフードーム(福岡ドーム)


福岡ヤフードーム九州最大規模のコンサート会場としての利用


福岡ドームはプロ野球だけでなく、九州最大規模のコンサート会場としても数多く利用されている。一流アーティストのを象徴するイベントとして広く知られている「5大ドームツアー」の開催地の一つでもある。


福岡ドームで最初に行われたコンサートは、井上陽水・武田鉄矢・財津和夫・甲斐よしひろらによる「ドリームライブ in 福岡ドーム」(1993年4月10日)。


こけら落としとしてマイケル・ジャクソンの2日間公演に始まり、ポール・マッカートニー、ローリング・ストーンズ、イーグルス、ビリー・ジョエル、エアロスミスなど欧米のスーパースターが大規模コンサートを行なっている。また国内アーティストでは、B'z、GLAY、SMAP、KinKi Kids、DREAMS COME TRUE、MISIA、Mr.Children、サザンオールスターズなどが公演を行っている。


また地元福岡出身のCHAGE and ASKAが2000年のカウントダウンコンサートを行なうなど、国内アーティストの使用も多い。

1995年公開の映画「ガメラ 大怪獣空中決戦」(監督:金子修介)では、物語の進行にまつわる重要な舞台に設定されて登場。このドームの売りものである開閉式屋根が題材に取り上げられた。


福岡ヤフードーム幻のツインドーム


当初はホテルを間に挟んでスポーツドームとアミューズメントドーム(屋内型遊園地)を併設するツインドーム構想が計画されていた。それゆえ運営会社である株式会社ホークスタウンの当初の社名も「株式会社ツインドームシティ」だった。しかし当時の親会社だったダイエーの経営環境悪化からそれが思うように進まず、結局アミューズメントドームの建設は見送りとなり、その後ホークスタウンといわれる総合商業施設が整備されるようになった。


福岡ヤフードームフィールドシート計画


ホークスの球団取締役に就任した江戸川大学の小林至助教授(元千葉ロッテマリーンズ投手で、東京大学卒業の数少ないプロ野球選手経験者)は、2005年2月に宮崎で行われたキャンプの席上で2006年度をメドにフィールドシートやVIPシートの建設を中心とした座席の増設計画を明らかにした。
現在のキャパシティーは公称48,000人だが、実際のところはそれよりも13,000人分少ない35,157人しか収容できない(前述)。そこで、1塁側と3塁側のファールゾーンを中心にそれぞれ200席分(計400席)のフィールドシートを設けるなどして1万席の増設を2006年度末工事完了予定で企画している。またこれに合わせてスタンドコンコースにミニバスケットボールコートやミニパットゴルフ場を建設することも目指している。

2006年度末に1万席増設を完了するプランの一環として、2005年オフに525席のフィールドシートを設置。2月24日の2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表壮行試合で初お目見えした。命名権はコカ・コーラウエストジャパンに売却し、コカコーラフィールドシートと名称が付けられている。しかし、これにより極端にファールグラウンドが狭まり、打者有利となってしまったという批判もある(ただし、アメリカではネオ・クラシカル様式の球場に建て替えられる際にはより選手の近くで野球を見せるために総じてファウルグラウンドは狭く造られる傾向にあるため、その流れに沿ったものともいえる)。
2006年のホークス主催試合では4種類の席(SS/S/A/B)が設定されており、B席はバックネット裏(SS指定席)と同料金、SS/S/Aの各席ではさらに高額なチケット料金が設定されている。上位クラスの座席では、座席一つあたりの占有面積が大きいことや革張りの座席を使用していることが要因と考えられる。
フィールドシート・エリアへの入り口はネットで仕切られており、チケットを持っていない人は入れないようになっている。また、打球が飛んでくると非常に危険であるため、ヘルメットとグラブが無料で貸し出されフィールドシート・エリア内では着用が義務付けられている(ただし、必ずしも着用義務が守られているとはいえない)。同様の理由から、フィールドシート・エリアには売り子は立ち入らない。


福岡ヤフードーム○○シリーズ


地元福岡のイベントに合わせ、『どんたくシリーズ』『山笠シリーズ』と銘打った連戦が行われる(この両シリーズは西鉄ライオンズの時代から行われている)。本拠地開幕シリーズは『アサヒスーパードライスペシャル』として行われ、毎年夏に行われる『伊藤園おーいお茶スペシャル』では、お茶の色にちなんだ緑色のジェット風船が配られる。
ちなみに博多どんたくの時期には新日本プロレスが「レスリングどんたく in 福岡ドーム」と称する興行を開催したこともある。


福岡ヤフードーム暖手の広場


球場の周りは遊歩道となっており、シーホークホテルと連絡するデッキには「暖手(だんて)の広場」と呼ばれる場所がある。ここには、文化・スポーツ・芸術・学術など各分野で活躍した著名人の立体手形を再現したブロンズ製のモニュメントがそれぞれの直筆サインを記したプレートとともに展示されている。ホークスの選手、王監督の手形はもちろんの事、マイケル・ジャクソンやポール・マッカートニーなど世界的に著名な人物の手形もあり、総勢200体以上が展示されていて自由に"握手"できるようになっている。


福岡ヤフードーム球史に残る試合


1993年4月18日 ラルフ・ブライアント(近鉄)が若田部健一(ダイエー)から福岡ドーム公式戦第1号本塁打
1994年5月18日 槙原寛己(巨人)の完全試合(対広島戦)
1999年9月25日 ダイエー初のリーグ優勝(対日本ハム戦)
1999年9月30日 山本和範(近鉄)引退試合
2000年10月7日 ダイエーリーグ2連覇(対オリックス戦)
2000年10月27日 高橋尚成(巨人)が日本シリーズ史上新人初の完封勝利
2002年10月6日 秋山幸二引退試合(対ロッテ戦)
2003年10月27日 ダイエー2度目の日本一達成(対阪神戦)
2004年10月11日 西武がパ・リーグプレーオフ第2ステージでダイエーを3勝2敗で破り、レギュラーシーズン2位から優勝
2005年10月17日 ロッテがパ・リーグプレーオフ第2ステージでソフトバンクを3勝2敗で破り、レギュラーシーズン2位から優勝
2006年4月15日 日本ハムが3投手の継投によるノーヒットノーラン(参考記録)を達成(延長戦での継投によるノーヒットノーランはプロ野球史上初)
※なお、ダイエーは1999年に、球団初の日本一を達成しているが、決まったのはナゴヤドーム(対中日ドラゴンズ)。また、2003年のリーグ優勝は千葉マリンスタジアム(対千葉ロッテマリーンズ)で決めている。2003年の日本一を決めた試合は地元福岡だったが、かつて本拠地にしていた西鉄ライオンズは過去3回(1956年-1958年)の日本一はビジター(いずれも読売ジャイアンツの後楽園球場)で決めていたこと、また先述の通りダイエー初の日本一もナゴヤドームだったことから、この2003年の日本一は福岡県を本拠地とするチームが初めて地元で決めたものだった。


福岡ヤフードーム賞制度


福岡ドームで行われるプロ野球公式戦では、看板等に打球を当てると賞品が進呈される。主なものは下記の通り。

外野フェンスの右翼ポール際にある福岡銀行の広告には、グラブを持った同行のマスコットキャラクターが描かれているが、このグラブの箇所にダイレクトで打球が当たると、同行から賞金100万円が進呈される(後にマスコット全体、さらにマスコットを囲む楕円部分に拡大)。2004年に柴原洋(ダイエー)が見事に達成し、賞金を受け取った。
打球が天井に当たり、骨組みなどに引っかかって落下してこなかった際、記録は二塁打となり、賞金として現金500万円が渡される。2006年現在、達成されていない。
その他、外野スタンド上方にあるパネル看板に当たった場合は、スポンサーから賞金・賞品が進呈される(アサヒビールの看板に当てると缶ビール10年分、3650本が贈呈されることになっているが、未だに当てた選手はいない)。


福岡ヤフードーム過去に開催したその他のイベント


ユニバーシアード夏季大会(1995年、開閉会式が行われた)
ねんりんピックふくおか2005(2005年、総合開会式が行われた)


福岡ヤフードーム施設データ


所在地 : 福岡市中央区地行浜二丁目2番2号
オープン : 1993年4月2日
収容人数 : 48,000人(消防法上の実数定員は36,509人、プロ野球開催時は35,157人、コンサート開催時は30,000人)
2003年9月6日に行われた福岡ダイエーホークスvs西武ライオンズ戦では一時「観衆50,000人」と発表された。深夜になって48,000人に訂正されたが、この問題でドーム側は福岡中央消防署から事情説明を求められた。
ホークスビジョンのある野球場のセンター付近にも座席が設えてある。1993年の開場当初のオープン戦では上段の部分だけ観客に開放していたが、外野手が捕球をする際に打球が見づらくなることや打者や球審が投球をうまく見ることが出来ないことから、その後野球の試合ではその部分を全面立ち入り禁止とした。現在は黒のシートで覆うようにしている。
建築面積 : 69,130m²
延床面積 : 176,000m²
最高高さ : 83.96m(地上7階)
屋根の開閉時間:20分


福岡ヤフードームフィールドデータ


両翼 : 100m、中堅 : 122m
外野フェンスの高さ : 5.84m
面積 : 1万3500m²
照明灯528灯
内・外野とも人工芝


福岡ヤフードームスコアボード


スコアボードは右三分の一・即ちフィールドでいえばセンターから右中間よりの位置にある。2006年よりホークスビジョンと一体型となり、東京ドームと同等の1,024階調(10億7000万色以上)さらに、国内球場設備唯一のハイビジョン対応の高精密な表現が可能な新ビジョン「ホークスビジョン」の工事が行われた。これにより、屋内施設としては世界最大級、ハイビジョン対応スクリーンとして世界最大の新ビジョンが完成。2005年まで使用されていたものより臨機応変に表示ができる。 ただし、スコアボード部分はチームロゴや球速表示と同時に表示される広告以外はオレンジ色しか使用しておらず、今までのスコアボードの雰囲気を残したような表示方式になっている。
スコア表示は基本的に9回までだが、延長戦が行われた場合は全部を消去するのではなく、延長戦が開かれたイニング分だけ左にスライドしていく形になる(延長10回の場合、1回のスコアだけ消去され、2回-10回のスコアが表示される)。


福岡ヤフードーム交通機関


地下鉄 : 福岡市地下鉄空港線 唐人町駅から徒歩15分
バス : 西鉄バス 博多駅交通センターから約20分、西鉄天神バスセンターから約15分 ヤフードーム前または国立医療センター下車
※プロ野球試合やコンサートなどの開催日には、イベント開始前と終了後に北九州(高速バス・門司および小倉地区)・博多駅・天神と福岡ドームを結ぶ直行臨時バスが運行される。

         

ヤフードーム座席表です

関連エントリー

ヤフードーム座席表です